これからますます高齢化社会が進むことが懸念されていますが、高齢者の介護と福祉は国民全体の大きな問題となっています。

今は年老いた両親と離れて暮らしている人も多く、また夫婦共稼ぎであったり、少子化で介護者が少なかったりして、中々介護しようにも人手も時間も割けない家族の方がたくさん居られることでしょう。



そんな時に頼りになるのが老人ホームです。

老人ホームで高齢の両親を預かってもえれば介護と自分達の生活に追われることもありませんし、何より安心できます。

お手軽なYahoo!知恵袋の情報をあなたにご紹介いたします。

しかし一口に老人ホームと言いますが、実はその中身は様々なのです。この辺りを全く考えないでただ単に距離が近くて便利だから、新しいホームできれいだから、などという理由で預けると、後で泣きをみることになります。

老人ホームはまず大きく公的な施設と民間施設の2つに分かれます。
公的な施設と言うのは特別養護老人ホームのことで、俗に「特養」と呼ばれている所です。

老人ホーム情報に関する耳より情報を公開しています。

ここは費用的には最もリーズナブルな施設と言えるのですが、いかんせん入居資格が厳しいのも一番です。

また、希望者が多いため申し込んでもすぐには入居できません。一方の民間施設はと言いますと、こちらの方もさらに2つに分かれると考えていいでしょう。それは介護付きか介護はついていないのか、という点です。自立して生活できる高齢者を対象にした施設の場合、もし入居してから要介護状態になると、退去を迫られる場合があります。


また、介護付きでもどの程度の状態まで受け入れてくれるのか、特に認知症でも受け入れ可能かどうかは、よく確認しておく必要があるでしょう。
何と言っても大切な両親、そして両親も大切ですが自分達の生活もまた大切、ホーム選びには念には念をいれてかかりましょう。

 
Copyright (C) 2015 老人ホームの種類と選び方 All Rights Reserved.